"昨年、海外旅行者が約1729万人と4年ぶりに減少したことを受け、業界幹部が「パソコン一つで世界中の情報が楽しめる。『頭の中の旅』が新鮮さを奪った」とトンチンカンな分析をしたところ、若者たちからは「金も時間もないから行けないんだよ!!」と猛反発が起きている。"

ZAKZAK: 若者の海外旅行離れ加速を業界幹部が「トンデモ分析」

あっははははhhこれ特ダネでもオープニングトークでやってたなぁ。実況民もすんごいバッカジャネーノって言っててワロタ。てゆーかどうしてもテレビとか偉い人?がいろんなことをネットのせいにしたいのは何でかなぁ。やっぱり楽だからかなぁ。

(via saya)

(via 719043, tsupo) (via otsune) (via yoshitsuchi)
"忘れるな、フォロワー数はファンの数じゃなくてお前の家を覗きに来た見物客の数だ。一部暖かい言葉をかけてくれるかもしれないが、大多数は変なことをしたら一斉に敵に回る"
"Twitterのフォロワーとは「ファン」ではありません。 「見物人」です。 」「フォロワー300万人になった、というのは「ファンが300万人いる」のではなく「見物客が300万人いる」と受け取るのが正しい解釈です。"
"僕の記憶する小学校では問題が起きたら「問題解決は誰かが謝らないと終わらない」ものだった
これを「普通」として教えられた子供たちが大人になったら
「社会的な事件が起きたら誰かが謝る絵が無くてはいけない。誰でもいいから謝れ」
って思うわな。そして「とにかく謝る記者会見」だけが増える"
"金持ちになれ、名誉を求めよ、胸を焦がす愛に落ちよ、旅をせよ、革新をおこない、リーダーシップをとれ!
そして、裸でジャングルの川で存分に遊べ!(ただし、サルたちのうんちには気をつけろよ)
だけど、やがて、歳とともに、自分の中で大きくなる光、人のことを深く思いやるお前の芯にある灯、そいつの存在を信じて、大切に育てることを忘れちゃいけない。
それを大きく、大きく育てるんだ。
大きな問題に直面して迷った時、その光の照らす方へ進め。それこそが、お前を大きな成功に導くはずだ。
そして、万一、社会的な成功が、お前の目前で、だれかほかのものの手に落ちたところで、どうだというんだ?
その灯を育てること、その輝きを放つこと以上に、大切なことなんてない。
そして、いつか、シェイクスピアのように、ガンジーのように、マザーテレサのように、その灯を、まぶしいばかりの輝きにするんだ。"
"

 --閣僚の靖国参拝について、中国や韓国が反発している

 「取材するものではないと思いますよ」

 --中韓が反発していることについてどう思うか

 「これは、じゃあ、言葉を換えれば、中国や韓国が何も言わなかったらいいんですか。そうやって物事を考えてみると、この問題ってのは本質が見えて来るんじゃないですか」

"

inf:

そのまたの名を、め

"現在の日本は、人を騙すような仕事をつくっていかないと、金を稼げない人が多くなっている。これは完全にヤバい状態だよ。社会システムの根本が間違っている。生活のために、仕事だから仕方ない、と言って、一般的な国民が気づかないうちに「人を騙す組織」に入ってしまっている現状がある。"

Twitter / world420

Say Hello To Everybody 
Tumblr / Twitter

(via sayhellotoeverywords)

効能が医学的にほとんど証明されていないサプリの通販会社とか、その会社の通販サイトにSEOを行うIT企業とか……。

(via yukiminagawa)
"個人的にはSTAP細胞がどうこうより、「STAP細胞事件はなぜ起こったのか」の方がずっと興味あるな。論文の書き方がわからない(あるいは偽装だけ続けてきた)研究者が、どうやって理研のユニットリーダーまで登り詰め、「世紀の大発見」を発表するに至ったのか、というのは凄いミステリーだ"
"私、カッパを見たことがあるの。
これまで200回以上見たわ。
写真もあるのよ。
この写真が証拠なの。
雑誌にも載ったの。
でも、実はこの写真、私がカワウソの写真を加工して、カッパだって言って
雑誌に売り込んで載せてもらったニセモノなんだけどね。
悪気はなかったのよ。
本物を撮った写真だってあるの。
家に1000枚ぐらい。
今日は見せられないけど・・・・
カッパの事を書いた日記だってあるの。
自己流で書いた日記だから、日付が無かったり、内容も断片的なんだけどね。
その日記には秘密のことも書いてあるから見せられないの・・・
でも、友達だってカッパを見たことがあるのよ。 
誰なのか名前は言えないけど・・・・
カッパを見るコツだってあるの。
教えられないけど・・・・

カッパは本当にいるの! 私の事を信じて!"